2020年2月9日日曜日

木材に四角い穴をあけよう

使った道具とやり方を忘れないための備忘録

使う道具

  • 電動ドリル
  • バイス
  • 糸鋸
  • 鉄ヤスリ
  • 紙やすり (180)

代用品はいろいろあると思いますが個人的にはバイスは必須かなと思います
あとは穴を開けたい木材に四角を印を書いておきます

1. バイスで固定してドリルで穴を開ける

しっかり固定しましょう
固定できてないと木材がずれてうまく穴を開けられません
穴を開ける際は目印として書いた線の内側に穴を開けましょう

四隅に開ければ OK です
ここに糸鋸を通すので糸鋸が通る大きさのドリルで穴を開けましょう

2. 糸鋸を通して中を切断する

最初に開けた穴だと糸鋸が通らなかったので近くにもう一つ穴を開けて拡大しました
ハンドルータがあればそれを使って穴を拡大しても良いと思います

あとはギコギコして穴と穴をつなぐ感じで切断していきます
かなり雑な感じで OK です

3. 鉄ヤスリで削る

ここで形を整えます
鉄ヤスリで削ると木材の端がめくれ上がってしまいます
うまくやればキレイにできますが木材の硬さにもよるのである程度は目をつぶってやりましょう

適宜、木の向けを変えながら削るとやりやすいです

ある程度形が整えば OK です

4. 紙やすりで面取りする

あとは仕上げとして紙やすりで面取りやめくれ上がってしまった部分の処理をしましょう
写真では紙やすりを棒状に巻きつけて面取りしています
今回のように四角の角の部分をヤスリする場合は平らな棒に巻きつけるとやりやすくなります

おわりに

こんな感じで完成しました
さすがに真四角に穴を開けることはできませんでしたが十分だと思います
電動糸鋸や電動サンダーなどがあれば更にキレイにできると思いますが無いのでこれくらいで十分です

0 件のコメント:

コメントを投稿